ここから本文です。

現在位置

種苗法改正による登録品種の利用権設定について


 種苗法が改正され、令和4年4月1日から登録品種の収穫物の一部を自分の種苗として使うことにも、育成者の許諾が必要になります(育成者が認めていれば増殖できます)。また海外への持ち出しも禁止としております。
 北海道池田町が品種育成者権を持つ「清舞」「山幸」は登録品種であり、増殖するには許諾契約が必要となります。許諾が必要な「清舞」「山幸」を苗木として自家増殖される者(社)、同じく販売しようとする者(社)におかれましては、下記までメールにてお問合せください。折り返し手続き方法について連絡いたします。

●問合せ先:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 製造課 研究開発係
●MAIL:kenkyu@tokachi-wine.com
 


品種育成者権

  • 育成者権は、品種登録により育成者等に与えられた権利で、知的財産権の一種です。
    育成者権を有する者(育成者権者)は、業として、登録品種及び登録品種と明確に区別されない品種の種苗、収穫物及び一定の加工品の利用(生産、譲渡等)する権利を占有(独占)します。育成者権者以外の者は、原則として育成者権者の許諾を得なければ登録品種等を増殖、販売など利用することができません。生産など種苗の利用行為(育成者権者の許諾が必要な行為)とは登録品種の利用は育成者権者の効力が及ぶ行為であり、登録品種を業として利用する場合は、育成者権者の許諾が必要となります。
  • 1.山 幸(やまさち) 品種登録番号 14419号
  • 2.清 舞(きよまい)品種登録番号 8136号

育成者権侵害に対する罰則 

     育成者権者又は専用利用権者に無断で登録品種を利用した場合、育成者権を侵害したことになります。育成者権者等は、侵害者に対し、民事上、以下のことを請求できます。
 侵害行為を止めること、侵害行為において作られた種苗、収穫物もしくは加工品の廃棄を求めること等(差止請求)
 損害の賠償を求めること(損害賠償請求)
 信用の回復に必要な措置を求めること(信用回復の措置請求)

故意に育成者権の侵害をした場合には、以下の刑事罰が科されます。
 個人:10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金又はこれらの併科(懲役と罰金の両方を科す)
 法人:3億円以下の罰金
 
 

お問い合わせ

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 製造課
電話:015-572-2471

本文ここまで

ここからサブメニュー

トピックス

サブメニューここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る